遠隔地のやり取りでよく使うSkypeの小技、というか微技


Skype
Skype / Ryan Fanshaw Photography

言わずと知れた無料通話アプリSkype、使ってますか?私は使っています、仕事とプライベートで。

仕事で使っている際に、ちょっと見つけた技を書いてみます。たいしたことのない技なので「小技」ではなく「微技」としましたw

まぁ基本なのかもしれませんが、ふとしたことで「こんなことできんのかー」と発見したのでシェアしておこうと思いました。

 

先日、仕事でSkypeを使っていて、システム仕様やら画面デザインの話をしていました。仕様の話はチャットで済むんですが、画面デザインの話となるとなかなか伝わらない。

で、前はよくExcelとかにペペペッと描いて保存してファイルを送信していたんですが、これがなかなかの手間なんですよね。

なにかいい方法は無いかなーと思って、試しに以下のことをやってみました。

ちなみにココで記載しているのは Windows の環境です。あしからず。

 

Windowsでは、画面(ウィンドウ)のスクリーンショットを取る(キャプチャする)方法が2種類あります。キャプチャツールもいろいろあってそれも使っていたりしますが、起動するのが面倒だとかキャプチャするためのキーを覚えないといけないとか、まぁいろいろあって気分次第で使ったり使わなかったりしますw

 

1)[PrintScreen]を押して、画面全体をキャプチャする

2)[Alt]+[PrintScreen]を同時に押してキャプチャする(というか[Alt]を押しっぱなしにして[PrintScreen])

 

で、これらでキャプチャすると

 

1)の場合、画面全体なので見られたくない画像まで取られてしまいます。

2)の場合、アクティブになっている(マウスやキーボード入力を受け付ける)ウィンドウが取られます。

 

私がよく使うのは2)です。

Excelでペペペッと描いた状態のウィンドウを2)の方法でキャプチャします。すると、イメージがクリップボード(要するにメモリ内)に保存されるので、Skypeのチャット画面で発言するボックス内で貼り付け([Ctrl]+[V])します。

すると、なんということでしょう!

キャプチャしたイメージがそのまま貼り付けられています。そしたらそのまま送信。これだけ。

 

たまに標準ソフトの「ペイント」で、手描きをすることもあります。もちろんそれも描いたらペイント上で[Ctrl]+[A]を押して全体を選択→[Ctrl]+[C]でクリップボードにコピーできますね。それをSkypeに貼り付ければ完了。

相手にはエビデンスとして残したいというのもあるので、これからはこの方法を使っていこうと思っています。

あぁもちろん、ちゃんとした資料はファイルで送りますけど。送ればいいんでしょ、送ればwww

 

お金をかけずに、しかも簡単にできちゃう方法はいくらでもあると思います。ビデオチャットでもしてれば「ほい、これ見てよ」とメモをWebカメラに映すとかw

 

そもそもこのクリップボードのイメージ貼り付け、いつからできるようになったのか知りません。前はできなかったような気がするんですけど。。。(前っていつだよってツッコミは無し)。。。いままで「そんなことできないだろう」なんて思い込んでいてやらなかったんですよね。けど、なんとなくやってみたらできちゃった!

他のソフトでも、そんなことがあるかもしれませんね。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。