電気のこと – 日本の周波数


キッチンに換気扇があり、その下で一服することにしています。上の方に小さめの蛍光灯があり、なんとなく見ていたら「50Hz ⇔ 60Hz」というスイッチがありました。

このスイッチ、電気の周波数なわけですが、どういうわけかスイッチは「60Hz」の方を向いていました。あれ?ウチって50Hzだぞ?

 

そもそも日本の周波数は、静岡県の富士川付近を境にして、関東が50Hz、関西が60Hzと決まっています。誰が何と言おうと、決まってるんです。

50Hz

  • 北海道電力
  • 東北電力
  • 東京電力

60Hz

  • 北陸電力
  • 中部電力
  • 関西電力
  • 中国電力
  • 四国電力
  • 九州電力
  • 沖縄電力

 

電気機器によっては、周波数が合わないと使用できないもの・故障してしまうものもあります。ちなみにイギリスは電圧が240V、周波数が50Hzとなっており、プラグが日本のものと違います。変圧器とアダプターが必要となってくる場合がありますが、たいていはそのまま使えることがあるそうです。けど、詳しくは取扱説明書を。故障しても責任は負いませんからw

「100V-240V 50/60Hz」とか書いてあれば全世界共通です。しかし、海外旅行に行く時は、念のため変圧器を持っていった方がいい場合もあります。でも電圧によっていろいろ持ち歩くのも不便です。そんなときにはコレ↓

 

さて、どうして日本において周波数が2種類存在するのか?

発電機が日本に輸入されたのは明治時代。そのときに

関東にはドイツから50Hzの発電機

関西にはアメリカから60Hzの発電機

が輸入され、その名残となっています。

統一すればいいのに~なんて思うのですが、現実問題ムリなようです。

 

周波数を統一した場合、電力会社の設備交換だけで約10兆円のコストがかかるとの試算

http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS06025_W2A300C1EE2000/

 

つーか、なんで60Hzを向いてたんだろう。不動産も前の住人も、いい加減すぎるなぁ。それともなにか?そんなの普通は気付かないとでも?いくらなんでも、ここまで堂々と記載してあるのに、それはないだろうw

ほんと、不思議なことが多すぎる部屋だこと。。。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。