Windows 7のPCを無線LANルータ化しよう – 設定・運用編


さて、前回(Windows 7のPCを無線LANルータ化しよう – インストール編)に続いて、今回は実際に設定してiPhoneを接続してみようじゃないかということで、その手順を載せていきます。

当然、無線LAN機能の付いたパソコンは、有線LANでインターネットに接続しておきます。

では、さっそく。

▼前回のおじさん画面で「Show Readme」のチェックは外して[Finish]をクリック

▼あのさー、いま動いてるバージョンが古いんだよねー、新しいバージョンがあるんだけどダウンロードするー?って画面が出ますが、現在のままでも設定・接続は可能なので[Ignore]をクリック

ちなみに[Download]をクリックすると、下記サイトが表示されます

http://www.connectify.me/new-release/

 

▼おっと、例のおじさんが迎えてくれましたよ

▼ネットワーク名を入力します
Wi-Fi接続一覧に表示される名前です

▼ホットスポットモードを選択します
ちなみに私は「Ad-Hoc, WEP」を選択しましたが、それぞれ何が違うのか。。。細かい説明は割愛しますw

▼パスワードを入力します
5文字または10文字、または26文字を入力しますが、英字はa~fと決まっています

▼PCがインターネットに接続しているアダプタ名を選択します
通常は「ローカルエリア接続」でよいと思いますが、インターネット接続されていないアダプタを選択すると、自動的にエラー表示してくれて賢いっすな

▼設定終了!

▼タスクトレイにアイコンが出ているので、クリックすると状況画面が表示されますよ
この時点では、まだホットスポット化されていないので、画面下部の「Start Hotspot]をクリックします

では、続いてiPhoneのWi-Fi設定を。
[設定]→[Wi-Fi]で、おなじみのWi-Fi設定画面を開きます。

おお、CONNECTIFYで設定したWi-Fi名が表示されてるじゃーありませんか!

▼CONNECTIFYで設定したWi-Fi名「MyOneStep」を選択すると、パスワード入力画面になります
設定したパスワードは「1234567890」でしたので、そのまま入力します

▼うほっ!繋がったですよ!!(表示は3Gのままだけど気にしないでください)

▼PC側に戻ってCONNECTIFYの接続情報を見てみると「Connected Clients – 1」って表示されていて、その下に(モザイクかけてますが)iPhoneの名前が表示されています!

iPhone側でもインターネットやメールができる状態となっており、これにて無事終了\(^o^)/

あ、Wi-Fiのパスワードは変えておこっとw

いかがだったでしょうか?

本来であれば、Windowsのコマンドラインからアレコレとコマンドを入力して設定しなくてはなりませんが、このソフトを使うと楽に設定できますね。表記がすべて英語ですが、そんなに難しい英語ではありません。せっかく高速回線でインターネットができるのであれば、スマホなどもその回線を使いたいですよね。トライしてみませんか?

まとめ

  • PCから有線LANで繋いでインターネットやってるよ
  • でも無線ルータはないんだよね、わざわざ買うのもなぁ
  • けどPCに無線LAN機能がついているよ
  • スマホとかをPCの無線LANに繋げたらサクサクよ?
  • おまけに3G回線を使わないからパケット節約にもなるよ?
  • ちょいとおまいさん、CONNECTIFYってアプリを使えば簡単に繋げますよ!

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。