他にもある?始めて聞くIT用語に一瞬だけ固まってしまったよ


こんばんは、オレです。
今日も夜から冷え込んできて、こりゃさすがに湯船に浸かって温まろうと思い、今まさに入っているところです。なうです。そう、すなわち風呂グです。もう言わなくてもいいかw

えーと先日…というか昨日だったかな?IT業界に入って長いほうだと思うけど、おそらく初耳だった言葉を聞きました。いや、ひょっとしたら記憶に無いだけかもしれないけど。

パソコン数台を一斉に立ち上げるシーンがあります。立ち上がった後に、やらなければいけない作業の説明があります。その流れのトークが以下のような感じです。

説明:えーっと、そこにあるノート30台が対象です
オレ:ふんふん
説明:で、こいつらの火が上がったら、こっちの作業に移るんです
オレ:(ん…?)あぁーハイ、ふんふん

おわかりいただけただろうか
(ホラーもの番組のナレーション風に)

「火が上がったら」

いや、これは「火がついたら」と言っていたかもしれません。始めて聞く表現に、2秒ほど固まったオレがいたわけですが、すぐに理解。

ようするに
「立ち上がった」
ということを言い換えたわけですな。

なんだろー。
なんとなく、少し違和感があったんだけどなぁ。他の人も使ってた。

「そこのやつに火をつけるでしょ」

んーむ、隠語というやつなのか。この業界って、広いようで狭い。けど種類は多岐に渡る。とある界隈(かいわい)では、普通に使われてるんだろうな。

んま、プログラミングでも「発火」って言葉を使うし。何かのイベントを表すためのものだよな。そんなもんか。

なうで表現するなら、あれか。こんなもんになるのかな↓

「今夜も冷えて寒いから、風呂が発火したら湯船に浸かるかなー…」

いや、これあぶねーよ(;°ロ°)!!w
つぅか、用例が違う気がするので参考になりませんハイ。

他にもありそうなので、おもしろいIT用例を知っていたら教えてください\(^o^)/

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。