実は危険な街なのではないか


昨夜、交差点で横断歩道を渡ろうとし、赤信号なので待っていた。

見渡しは良い。
交通量も少ない。

正面には、同じく信号待ちの車がいる。

オレの隣には自転車で信号待ちの人がいる。

信号が青になった。

自転車の人はそのままスーッと行く。
オレも、とぼとぼと歩き出す。

正面で信号待ちをしていた車が走り出す。ウインカーを右に出していたので右折するようだ。

右折してきた。

オレが横断歩道を渡っているのだから、いや、横断歩道に人がいようが何だろうが、減速して確認するのが当たり前。

なのに。

なのに。

減速もせず、こちらへ向かってくる。

まさかとは思ってたけど、来たよ来たよ。

運転手は「右側」しか見ていないことがハッキリと確認できた。横断歩道を渡る自転車だけを目視していたのだろう。

どーせなら轢かれてもいいかな、なんて思いながら、その車を凝視。

右折して来てからここまでの時間、僅か1秒…そんなにかかっていないかもしれないけど。

人間って、一瞬で物事をいろいろ考えられるんですね。すごいすごい。

その車は、すぐ目の前にいるオレに気付き、急ブレーキ。あと30cmくらいで接触してた。

渡りながら車を凝視してやったが、運転手はオレと目も合わせず、ましてや謝りもしない。オレが通り過ぎるのを待ち、その後は急加速で過ぎ去った。

助手席にも乗っている。後部座席にも乗っている。運転手は40代後半くらいの、まぁお父さん的な人物。

いろいろ最低ですな。

この街に引っ越してきてから2度目。そのうち大きな事故に巻き込まれるんだろうか。植物状態だったり半身不随だったりとか。そんなことになったら…考えたくないけどね。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。